July 5, 2016

iQOSの掃除は「無水エタノール + 綿棒」で安くて簡単に!

iQOS(アイコス)の手入れを面倒臭いと感じる人が多いようです。

iQOSの手入れは、説明書上は、「20本吸う毎に付属のブラシで掃除し、専用クリーニングスティックで汚れを取る」となっていますが、これでは確かに面倒臭いですね。

付属のブラシでは期待するほど汚れが取れませんし、ブラシ側も定期的に洗ってあげる手間があります。汚れたブラシだと、むしろ汚れを塗りたくっているような感じになります。

一方、専用クリーニングスティックは確かに汚れは取れますが、1箱30本で400円と結構な値段です。1回で3,4本使うので、ランニングコストとしてはバカになりません。
(しかも最近は入手困難でプレミアがつき、1箱1,000円程度で売られています。)

つまり、「面倒で、金もかかる」。
これでは確かにやる気がなくなってしまいますね。


なので、僕は効率の悪い付属ブラシでの掃除は一切していません。
専用クリーニングスティックも使っていません。

代わりに、無水エタノール赤ちゃん綿棒で作った「自作クリーニングスティック」で掃除するだけです。

すでにあちこちで評判になっている方法ですが、確かに汚れが良く取れます。

無水エタノール 200ml。
これで半年は持ちます。

普通の綿棒と違って先が細いので、
ブレード横の隙間にも入ります。

専用クリーニングスティックと言うと聞こえは良いですが、実はただのエタノールが染み込んだ綿棒です。説明書にも「クリーニング液成分はエタノール50%、水50%」と書かれています。

つまり、無水エタノールと綿棒さえあれば、簡単に自作出来てしまいます。

仮に1日20本吸うとすると、専用クリーニングスティックだと月に1,200円程かかることになりますが、「自作クリーニングスティック」であれば、月200円以下で済みます。

「面倒で、金もかかる」から「楽で、安い」へ。
これなら続けられるのではないでしょうか。

おすすめです。




No comments:

Post a Comment