July 20, 2013

スマホ国別世界シェア、iPhoneはAndroidに完敗!

「海外ではあまりiPhoneを見かけないのに、なぜ日本ではいまだに騒がれてるんだろう?」と思い、主要な国のiPhoneとAndroidのシェアを調べてみました。

その結果、iPhoneがAndroidを上回っているのは日本だけでした。

他の国の結果は僕の実感通りではありましたが、ここまでシェアに開きがあるとは知りませんでした。Appleのお膝元であるアメリカを除くと、もはや2強とは言えない大差になっています。


各国のスマホOS別シェアからiPhoneとAndroidだけを抽出。
英国の調査会社が2013年3~5月に実施。

先日docomoショップで隣に居たおばさんは、
「スマホとiPhoneは何が違うの?アルカロイドっていうのはiPhoneなの?」
とiPhoneが無い事を悔んでいました…。

こういう層にまで名前が知れ渡っているとは、さすが iPhoneですね。
ただ、この層まで名前が浸透する頃にはすでに人気がピークを付けている可能性が高く、その点、アルカロイド(Android)にはまだ成長の余地があるのかもしれません。

かつて、アメリカの超大物投資家ジョセフ・P・ケネディ(ジョン・F・ケネディの実父)は靴磨きの少年までもが株の話をしているのを聞いてバブル崩壊を予期し、1929年の世界大恐慌の直前に保有株を全て売却して大暴落を無傷で乗り切った、というエピソードがあります。

これと同じ理論ですね(笑)




July 13, 2013

「スリムウォーク 段階圧力サポーター」を購入!メンズメディキュットと比較すると…

前回の記事で着圧ソックス、メンズメディキュットを購入した事を書いたのですが、そこで書いた通り、27cmまでしか対応していないメンズメディキュットは29cmの僕にはどうしても合いませんでした。

「ふくらはぎの着圧具合は最高なのに残念!」と思いながら解決策を考えていたところ、「くるぶしから下は別に無くても良いのでは?」という事に気付きました。
こんな当たり前の結論に至るまでになんと遠回りした事か(笑)

という事で、「スリムウォーク 段階圧力サポーター」を買ってみました。もちろん男性用です。
男の脚はあまり見たくないですね…。

ふくらはぎ側。
良く見るとクロスラインが入っています。

肝心の着圧効果は、メンズメディキュットとほぼ変わらず、素晴らしいです。ふくらはぎの疲れが6割程度に軽減されるイメージです。
2014年3月29日追記: ヨーロッパ便の12~13時間のフライトで使用してみました。これまでエコノミークラスの時は着く頃には脚がむくんで何ともいえない不快感がありましたが、今回はそれがなく、やはり6割程度に軽減されていました。)

Amazonのレビューでは「生地が厚くて蒸れる」というコメントがありましたが、実際には肌色が透けるソックス(いわゆるオジサン靴下)より少し厚い位で、厚すぎるという程ではありません。
個人的には、サポーターとして機能するための必要最低限の厚さになっており、良くできた製品だと思います。

メンズメディキュットと比較しても着圧効果や薄さはほぼ同じで、機能面では高いレベルで拮抗しているので、あとは靴下タイプ vs サポータータイプの好みの問題だけだと思います。

実用面で考えると、サポータータイプは毎回洗わなくても使えるのが利点だと思います。
僕の場合は長時間のフライト対策で購入したので、行きのフライト後に現地のホテルで夜な夜なソックスを洗濯して復路に備える手間を考えると、往復使えるサポータータイプが断然ありがたいです。

また、上から自分の好きな靴下を履ける事もプラス要素と考える人が多いのではないでしょうか。

遠回りしましたが、ようやく気に入るものが見つかりました。




July 1, 2013

メンズメディキュットを買ってみた!着圧ソックスの実力は?

最近飛行機に乗る機会が増え、先月のヨーロッパに続き10時間以上のフライトがまだまだありそうなので、機内の疲れを少しでも軽減させるべく、着圧ソックスを購入してみました。

調べてみたところ、スリムウォークやメディキュットなど女性用で有名なブランドから男性用も発売されている事が判明したので、メンズメディキュットを購入。

色はブラックとネイビーの2色展開。

サイズは2種類で、Mが24-26cm、Lが25-27cmです。
29cmの僕は「商品の性質上、適用外のサイズでは効果が得られないのでは?」と思いつつも、サイズが見つからないのはいつもの事なので、Lを選択。

試しに普段の生活で履いてみたところ、結構な効果を実感出来ました。足の疲れが6割程度に抑えられている感じです。

「履くだけ」という手軽さを考えると、充分な効果だと思います。

ふくらはぎの締め付け具合は人によってはややタイトに感じるかもしれませんが、僕は不快な程ではありませんでした。むしろこの方が効果を実感できて良いと思える程度です。

生地はこんな感じで、けっこう薄めです。

ただ、僕の場合は無理して小さいサイズを履いているせいで、つま先や甲に、小さい靴を我慢して履いている時のような圧迫感があったので、残念ながら僕には向いてなさそうです…。肝心のふくらはぎには効果があっただけに残念です。

とはいえ、普通のサイズの方はこの問題も起きないでしょうし、長時間のフライトだけでなく、外回りの営業や立ち仕事、ゴルフなどにも向いていそうなので、これから徐々に男性にも認められる商品ではないかと思います。

ちなみに、メディキュットの発売元であるドクターショールからは、フライトに特化した「フライトソックス」なるものも出ています。男女兼用という時点で29cmの僕は買う気がしませんが、サイズが合う方はこちらも検討されると良いかもしれません。

-----追記2013年7月13日-----

メンズメディキュットは素晴らしかったのですが、僕の足にはどうしても合わなかったので、「スリムウォーク 段階圧力サポーター」を買ってみました。

関連記事:
「スリムウォーク 段階圧力サポーター」を購入!メンズメディキュットと比較すると…