June 4, 2013

国家公安委員長が交通違反取り締まりに「おかしい」と苦言

国家公安委員長の古屋さんが、今朝の閣議後に行われた記者会見で、交通違反取り締まりの現状について苦言を呈していました。国会議員とは思えないほど、まともな意見でした。

記者会見で突然、「交通違反で反則金を切られた時に、納得して切られましたか?どうあなた?」と記者に質問。記者が納得していないと答えると、「納得してないよね。実はそうなんですよ。(中略)取り締まりのための取り締まりになってしまっている傾向があるんですよ。これは極めて問題ですよね。警察の信頼という視点からも、ちょっと疑問符がつきますよね」とコメント。

キップを切られて「運が悪かった」という人はいるが、
「納得してるand/or反省してる」という人は聞いた事がありません。
 
古屋さんはその後も、「片側2車線で、真っすぐな道。で、歩行者が出てくる危険性もない。たまたま、そこは制限速度が50km/hなので、まあ、70km/hぐらい出ますよね、交通の流れに逆らわないように行くと。そうすると、20km/h以上出てると、取り締まりの対象になりますよね。やっぱりそういうところはちょっとどうかなと、私、いつも疑問に思ってました。」などと続けていました。

たしかに、警察はこういう大勢に全く影響がないところで取り締まりをしている事が多いように思います。本当に危険な事故多発箇所には「危険!事故多発箇所」等の標識は設置されているものの、取り締まりをしているのは見た事がありません。どうせ取り締まるのなら、やはりこういう箇所で取り締まりすべきですし、そこで危険運転をするような人はたしかに取り締まる価値があると思います。

これについて古屋さんは、「事故が多発しているような地、そういったところで取り締まりをするのはいいんでしょうね。警察官が『ここは、ついこの間も、事故で死亡者が出たところで、本当に危険なところなので、ここはスピード出さないようにしてください。たまたま出ていましたので、取り締まりをさせていただきました』と言ったら、普通の人は『そうか、申し訳ないな』、『仕方ないな』と思うんですよ。だから、そういう取り締まりが必要だということを言っているんです」とコメント。

ごもっとも。

浮世離れしたコメントが当たり前になり過ぎて、政治家がこのようなコメントをすると選挙対策の類かと勘繰ってしまいますが、公安委員長としてこの手の発言をした事は素直に認めたいです。





June 2, 2013

ビルボード歴代1位! PV 「Santana feat. Rob Thomas - Smooth」

いまさらですが、僕の大好きなMatchbox TwentyのRob Thomas(ロブ・トーマス)とサンタナが歌う、Smoothのプロモです。

過去50年超のビルボード・シングルチャートの順位を毎週スコア化して集計した「ビルボード歴代ランキングTop120」でこの曲が堂々1位になっています。


Gimme your heart, make it real. Or else forget about it の部分、カッコよすぎます。全米で12週間連続1位という驚異の記録も納得です。

作詞・作曲はロブ・トーマスですが、Matchbox Twentyとはまた違う曲調で、彼の多才ぶりがうかがえますね。