March 10, 2013

Androidアプリ比較 「PM2.5と黄砂の予報アプリ」

AndroidでPM2.5と黄砂の予報を見る事のできるアプリでは、進和電気(株)の「大気汚染予報」というアプリがなぜか人気のようですが、今回は違うアプリを紹介します。

ノリキスタジオの「大気汚染黄砂予報」というアプリです。

どちらのアプリも、九州大学応用力学研究所から提供されているSPRINTARSの予報データを使用していますので、予報精度に違いはありません。予報内容はどちらも「今日・明日の詳細」と「週間予報」。ウィジェットがある点も同じです。

では何が違うのか?

「大気汚染予報」は、全国の地方毎の今日・明日の予報が一覧となって表示されてしまい、ユーザーにとって不要な地域の情報を含む上、週間予報を見る為には別のタブにいちいち移る必要があります。

一方の「大気汚染黄砂予報」では、ユーザーが表示したい地域を選択でき、その地域の今日・明日の詳細予報、および週間予報を1画面で見る事が出来ます。

左が「大気汚染予報」の今日・明日の予報画面。
右は「大気汚染黄砂予報」のトップ画面。
周辺地域の飛来予測も知っておきたいという場合は動画を見れば良いのですから(両アプリとも日本全国の1時間毎の飛来状況予測を動画で見る事が出来るようになっています)、何も文字情報で全国の予報を見る必要はないように思います。

「大気汚染黄砂予報」の動画画面。

ウィジェットも個人的には「大気汚染黄砂予報」の方が見やすいです。

上の2つは「大気汚染予報」、
下の2つは「大気汚染黄砂予報」のウィジェット。
 

ユーザーの行動範囲にもよると思いますし、どちらが見やすいと感じるかは人ぞれぞれでしょう。「予報精度が同じならどっちでも良い」という人もいるでしょう(笑)

でも、僕はこういう細かな気配りが大好きです。
こういう開発者さんには是非頑張って頂きたいです。


PM2.5対応マスク。  市販の風邪・花粉用マスクではPM2.5は防げません!


March 2, 2013

Galaxy S3αでdocomoの「電話帳サービス」を無効化!

Androidのバッテリー浪費アプリの代表として悪名高いdocomoの「電話帳サービス」がついに無効化出来るようになりました。

一切使用していないにもかかわらず、電池消費量では常に上位を占めるというウイルスのようなアプリでしたが、2月28日から再公開されているGalaxy S3α(SC-03E)のソフトウェア更新をする事により、無効化出来るようになりました。

無効化の方法は、すまほん!!さんの記事に詳しく書かれています。
諸悪の根源・ドコモ「電話帳サービス」、ついに無効化が可能に。 昨日のアップデートで実装か

アップデートを削除してプリイン時の状態に戻すと、
「無効」ボタンが出現します。

以前、docomoショップで「電話帳サービス」の無効化方法について技術スタッフに聞いたところ、
「たしかにお世辞にも優れているとは言えないアプリです。でも、現状ではHaydenさんのように知識のある方は非常に少数で、大半のお客様は優劣の判断も出来ずにこんなアプリでも不満も言わずに使って下さっているのです。」という回答でした。

つまり、「docomoとしては酷いアプリだという認識はあるが、大多数の客はそれすら分からないほど馬鹿なので、改良する気はありません。」という回答。

たしかに、日本ではプリインストール(買った時からすでにインストール)されているアプリをそのまま使い続ける人が多いですし、ユーザーのレベルが非常に低い事は事実です。でもそれを理由にするとは…。この回答を聞いた時は、呆れるのを通り越して笑ってしまいました。


Web上で「電話帳サービスは諸悪の根源」とまでバッシングされても改善しないdocomoと、それにすら気がついていない低能なユーザー。どっちもどっちという事なのか…。


関連記事:
LTE(Xi)をオフにしたらGalaxy S3αのバッテリー持ちが5倍に!!