December 22, 2013

書店13社、Amazonに対抗して「ジャパゾン」!?なぜこんな発想に…

朝日新聞によると、楽天、ソニーなどの電子書店が、三省堂、紀伊国屋などの書店で電子書籍の販売に乗り出すらしいです。

後発のAmazon(Kindle)にわずか1年余りで50%近いシェアを獲得され、一人勝ちを許している現状を打破すべく、13社が一体となって連合体「ジャパゾン」を目指す、とのこと。

お店に電子書籍の作品カードを並べ、レジで決済。カードに書いてある番号から電子書籍をダウンロードする仕組みらしいです。

つまり、
わざわざお店まで出向いて、
わざわざ中身の見えない作品カードからお目当てを探し出し、
わざわざレジまで持って行って決済し、
わざわざ番号を端末に読み込ませて(手入力?)ダウンロード、
という流れです。

これはひどい…。

自宅でも買える電子書籍をわざわざ書店まで行ってこんな面倒な手順で買う人なんているのでしょうか?

書店の唯一と言っていい利点は、実際に手にとって中身が見える事。中身も見えずこんな手順で買わされるのではただの4重苦です。

電子書籍の利点を消し、デメリットだけを強調した感が…

色々と大人の事情がある中での苦肉の策なのかもしれませんが、こんな役人並みの発想では到底世界の巨人の牙城を崩す事は出来なそうです。それどころか、Amazonの便利さが余計際立つだけのような気がします。


No comments:

Post a Comment