November 3, 2012

宇宙から見た夜の地球

こうして見ると日本って明るいですね。
デフレ下であまり実感が湧きませんが、やはり経済大国なんですね。

衛星から見た夜の地球。
NASAが2002年に撮影したものなので、少し古いです。
 

それにしても端っこです(笑) Far East(極東)とは良く言ったものです。でもFar Eastだからこそ、長年外国からの目立った侵略もなく、独自の文化、気質が育まれたのだな、と改めて感じました。

「政治家があれほど無能で何もしないのに、なぜ日本という国は潰れないのか?」と真剣に研究している海外の研究者もいるらしいですが、僕はこの気質・国民性が全てを物語っているように思います。

夜中まで残業して他国の2倍働いているにもかかわらず、一人当たりのGDPはそれでようやくアメリカに肉薄する程度。効率の悪さは否めませんが、誰も文句を言わず黙々と働くので治安も抜群で、たまにデモをする時も事前に警察にデモの許可を取り、整列して歩く。その結果、iPhoneの部品の34%、最新鋭のボーイング787に至っては45%の部品が日本製。

官民ばらばらに動いていてもこれだけの結果を出せる国ですから、もし政治家が優秀で、シンガポールみたいに国家一丸となって自国を売り込み始めたら、それこそ世界を席巻してしまうかもしれません。

そう考えると、政治家のレベルは今くらいの低さに保った方が良いのかもしれませんね(笑)