May 27, 2012

何月何日生まれが一番多い? 一目でわかるチャート!

調べ物をしていた時に、New York Timesのサイトで面白いものを見つけました。
何月何日生まれが一番多いかを表にしたものです。


色が濃い日ほど
その日に生まれた人が多い。
これはハーバード大学のAmitabh Chandraという人が発表したもので、1973~1999年までに生まれたアメリカ人を集計したものだそうです。

ランキングを見てみたところ、なかなか面白い結果になっています。

上位10日

1位    9月16日
2位    9月9日
3位    9月23日
4位    9月17日
5位    9月22日
6位    9月24日
7位    9月21日
8位    9月15日
9位    9月10日
10位  9月18日


下位10日

357位 11月26日  (Thanksgiving)
358位 11月27日  (Thanksgiving)
359位 11月28日  (Thanksgiving)
360位 12月26日 
361位 7月4日      (独立記念日)
362位 1月2日      (新年)
363位 12月24日  (クリスマスイブ)
364位 1月1日      (新年)
365位 12月25日  (クリスマス)
366位 2月29日    (うるう日)

上位10日は、なんと全て9月が独占しています。
そして下位10日は主要なホリデーシーズンで占められています。
(全366日のランキングはこちら。)

妊娠期間を10ヶ月とすると、9月に生まれる為には前年12月頃に妊娠している事になるますが、11月第4木曜日のThanksgivingに始まり、クリスマス、新年とホリデーシーズンが続くので、上位を9月が独占しているのはなんとなくわかる気がします。

一方、下位をホリデーシーズンが占めているのは面白い結果だと思います。
ただ単に役所が休みで出生届を出せないのか、それとも祝日に役所に並ぶ気がしないのか理由は分かりませんが、ここまで顕著に傾向が表れるデータも珍しいのではないでしょうか。


ちなみに日本では、昭和の頃は、2・3月生まれが多く、7・11月生まれが少なかったそうですが、平成になってからは7〜9月生まれが多く、4・11月生まれが少ないそうです。
昔は5月の田植えシーズン前に出産を終えて田植えに備えていたと聞いたことがありますが、どうやらまんざら嘘でもなさそうですね。

日本人の統計データはこちらから見る事が可能です。
お役所が作った書類なのでこれ以上ないくらい見づらいですが…(笑)




May 4, 2012

ケニアの大草原でも携帯電話がつながった!

ケニアの大平原でサファリツアー中の知り合いと普通に携帯が繋がり、ビックリです。

二人ともdocomoのスマホですが、ケニアではパケホーダイは出来ないらしく、spモードメールやSkypeなどはさすがに使えませんでした。でも音声通話とショートメール(SMS)は出来ました。

東京にいる僕からすると、「さっきキリンが横切った」とか「今マサイ族の村にいる」なんてショートメールが来るのがあまりにも違和感がありました(笑)

僕のイメージではケニアはこんなところ。
携帯の基地局なんてあるかな(笑)

都心だと2~3km間隔で基地局があるようですが、大草原では何キロおきにあるのか疑問です。数十キロ間隔で充分なのかもしれませんね。遮るものが何も無いでしょうから(笑)

ちなみに、ケニアとの音声通話は1分380円、SMSは1通50円(送信者負担)だそうです。

なんとも不思議な体験でした。