January 18, 2012

Wikipediaがサービス停止!日本企業も見習うべき?

Wikipediaが日本時間18日午後2時から24時間、英語版の閲覧サービスを停止していると聞き、サイトを訪れてみると、確かにブラックアウトしていました。

Wikipediaのブラックアウト画面。
「自由で開かれたインターネットが打撃を受ける」
という趣旨の声明が書かれています。

アメリカ議会で審議中の著作権関連の法案に抗議するためだそうですが、毎日4億7千万人が利用するサイトなのでそれなりにインパクトがありそうです。追随する企業(Wikipediaを運営しているのは財団)も出てくるかもしれません。

日本でもこういう「国家にモノ言う企業」がもう少し出てくるといいなと思います。
日本企業は大企業でも事無かれ主義のサラリーマン社長が多く、お上には逆らわず目をつけられない範囲でビジネスをやろうという会社が多い気がします。

大統領制(直接選挙)ではないので、日本では全く民意を反映していない総理大臣ばかりが大量発生しますし、政治家も官僚も残念な人ばかり。唯一民意を代表できるのは民間企業の代表者だと思います。

出る杭は打たれる文化なので難しいとは思いますが、企業の代表者にはこれくらいの自負・気概が欲しいです。

このままでは、1億総"下流"階級時代の到来がより一層早まりそうです。






January 12, 2012

ヨーダがカップヌードルのCMに! / Yoda says "May The Force be with JAPAN!!

なんと、あのヨーダがカップヌードルのCMに出ているではないですか!!
11月からやっていたそうですが、ほとんどテレビを見ないので知りませんでした。



しかも、"May The Force be with JAPAN!!" (日本のみなさん、フォースと共にあらんことを!)と言ってくれています。

さすが、日本好きのジョージ・ルーカス。
海外のWeb上では「ヨーダの価値が下がった」等と賛否両論あるみたいですが、僕は素直に感動しました。


Yoda says "May The Force be with JAPAN!!" 


The Jedi Master Yoda in Japanese instant noodle ad.

He unleashes The Force and levitate a giant pot of heated water above his head in a desert looks a lot like Tatooine.

Then the camera zoom in for closeup and he says "May The Force be with JAPAN."






January 7, 2012

自由が丘、Feveの「そら豆スイーツ」を食べてみた!

自由が丘にあるFeve(フェーヴ)という豆スイーツ店の「そら豆スイーツ」をもらったので食べてみました。

今回もらったのは、「ソラマメ x 八丁味噌ペッパー」と「ソラマメ x 焼きモロコシ醤油」です。


ソラマメ x 八丁味噌ペッパー。
一見カシューナッツのように見えます。

カリッとした食感は良くある豆菓子と似ていて、違和感なく食べられました。
噛み砕いていくとほのかにソラマメの味がして、それが八丁味噌ペッパーの独特のスパイシーさや、モロコシ醤油の香ばしさとマッチして何とも絶妙な味です。
話題性もあり、酒のつまみにピッタリです。

「○○のxx風ソースに△△を添えて」なんていう洒落た料理は(量が少ない上に、味も期待を裏切る方が圧倒的に多い為)敬遠しがちな僕ですが、このソラマメシリーズは大丈夫でした。

世界大会で数々の優勝経験を持つパティシエ、辻口博啓がプロデュースしているこのお店には、他にも「落花生 x 深煎りきな粉」、「かりんとう x 天空抹茶」など20種類程の豆スイーツがあるそうです。

スイーツにハマる人の気持ちが少し理解出来たような気がしました(笑)



大きな地図で見る

Fève (フェーヴ)
東京都目黒区自由が丘1-29-14 Jフロントビル1F
03-6421-4825





January 3, 2012

警察は平和ボケ? 「小学生以下」という評価にも納得!

オウム事件の平田容疑者逮捕にかかわる警察の対応を見ていると、こんな人達を税金で食べさせてあげているのが馬鹿らしくなります…。

① 霞が関の警視庁庁舎正門で、警備中の隊員に「平田信です。出頭してきました」と告げたところ、「近くに丸の内署や交番があるから、そこへ行くように」と指示。平田容疑者が「特別手配中ですが」と言っても、聞き入れなかったという。
その為、自分で約700m離れた丸の内署まで行き出頭したという。
(by 産経新聞)

② 出頭前に、オウム事件の情報提供を呼び掛ける警察のフリーダイヤルにも電話をしたが、相手にもされなかったという。 (by 読売新聞)

霞が関の警視庁
平和で暇な時は、「暇なのは俺たち警察がうまく機能しているからだ」と偉そうにふんぞり返っていても良いと思いますし、現に平和である事の(ごく)一部に警察が貢献している事は紛れもない事実だと思いますが、こういう時くらいはもっと存在感を示して欲しいものです。


これらの話を知って、小倉昌男さん(ヤマト運輸元社長で、宅急便の生みの親)の名言がフラッシュバックし、妙に納得してしまいました。

「もし私が首相なら霞が関の官庁を全廃し、役人をゼロにしたい。」

「小学生は社会科見学で運送業の実態を見学に来るが、役人は来ない。企業の実態を知らない役人など小学生以下だ。」
(著書「経営はロマンだ!」より)