October 26, 2011

血迷った警察庁、自転車の歩道通行を禁止。違反は摘発も。

2008年6月施行の改正道交法で、原則として自転車の歩道走行は禁止されましたが、このたび警察庁は取り締まりの強化を各都道府県警に指示したそうです。

暴走自転車による事故が多いのがその理由らしいですが、どうも腑に落ちません。
暴走自転車が車道を走る事になれば、対人ではなく対車の事故が増えるのは明らかです。車道の車線を減らし、自転車専用レーンに充てる事で対応すると言っていますが、地方ならまだしも都市部ではさらなる渋滞が起こる事も明白です。

おそらくヨーロッパの例を参考に上辺だけを真似た為にこのような愚行に走ったのだと思います。そうだとすれば、いかにも役人らしい浅はかな考え…。


僕が住んでいたヨーロッパのとある国は自転車先進国と呼ばれ、学校や親がきちんとした乗り方を教え、曲がる時には自転車でも手で方向指示を出していました。事故の危険性もきちんと習い、その上で自己責任で自転車を運転していました。通勤、通学にも自転車が使用され、どこへ行っても大規模な駐輪場がある、といった風に自転車が生活に根付いているのです。

こういった国の数十年に渡る水面下の努力を見ずして、結果だけを真似しようとするとこのような愚策に至るのですね。

自転車事故を減らすのが真の目的であれば、自転車教育をもっと充実させた上で、車vs自転車・歩行者の事故では何が何でも車側に責任を取らせるという法律を改正すべきです。こうして万が一の事故の場合には一定の責任を負わせる事で自転車側の危機意識を向上させれば無駄な事故も減るでしょう。
交通弱者の保護という固定観念はこの際改めるべきだと思います。暴走している自転車はもはや弱者ではないのですから。

もし、「事故を減らす」というのは建前の話で、本当は「自転車専用レーンや専用信号の設置で道路整備に更なるお金を流す」事が真の目的なのであれば、今回の警察庁の決定もつじつまが合いますが…。





October 11, 2011

ルパン三世、声優一新で40年目の再スタート!

1971年のTVシリーズ放送開始からちょうど40年。
12月2日放送のテレビスペシャルから、主要キャラクター5人のうち、石川五ェ門、峰不二子、銭形警部の3人の声優が変わるそうです。

五ェ門役には浪川大輔さん、峰不二子役には沢城みゆきさん、銭形役には山寺宏一さんがそれぞれ決定したそうです。

つい最近、初期のTVシリーズを見ましたが、自分が生まれる前に放送されていたアニメとは思えないほどの出来で、当時としては斬新なアニメであっただろうと容易に想像がつきました。名作は時代を感じさせないのですね。

幼い頃から慣れ親しんだキャラクターの声が変わってしまうのはどこか残念な気もしますが、オリジナルの雰囲気を上手く継承しながら進化していって欲しいなと思います。



ルパンと言えば、この曲ですね。





October 6, 2011

海外ドラマ「ホワイトカラー」が面白い!DVD発売&レンタル開始!

アメリカで人気のTVドラマ、「ホワイトカラー(White Collar)」のDVDが日本でも昨日発売されました。
詐欺、偽造、横領などのホワイトカラー・クライム(知的犯罪)をテーマに描いたドラマです。
主人公のニール役は、
イケメン俳優マッド・ボマー
ストーリーは、服役中の天才詐欺師ニールが、姿を消した恋人ケイトを捜す為にFBI捜査官ピーター・バークに取り入り、ピーターが所属する知能犯専門チームに協力するのを条件に出所し、ピーターとコンビを組んで数々の事件を解決していくというものです。

FBIに実在するホワイトカラー・クライム専門ユニットに20年間勤めた人物が監修にあたっているので、細部まで本格的に造りこんであるのが魅力です。

また、FBIものですが、知的犯罪を題材にしている為、むやみに人が死んだり、街が破壊されたり、ド派手なアクションがあったりという事もありません。

そして何より、頭も顔もスマートな主人公の型破りな活躍が痛快でハマります。
ボーンアイデンティティーなど、知的な主人公の活躍でスカッとするのが好きな僕にはぴったりのドラマです。

久しぶりに出会った、人にお勧めできる面白いアメリカドラマです。







October 1, 2011

ニュートリノが光速を越えた! 相対性理論がついに覆る!?

先日、ニュートリノが光速を超えたという衝撃的なニュースがありました。

スイスの研究所から730km離れたイタリアの研究所へニュートリノを放ち、その速度を計測したところ、光速より60ナノ秒(1億分の6秒)速かったという研究結果が発表されたそうです。

もしこれが本当であれば、現代科学の根底にあるアインシュタインの特殊相対性理論を覆しかねない世紀の大発見です。

特殊相対性理論は簡単に言うと、「質量のある物質は光速を超えることは出来ない」、「速度が光速に近づくにつれ時間の流れが遅くなっていき、光速になると時間が止まる」という理論です。

つまり、日常生活では時間というものは過去から未来に向かって一定の速さで経過していくものと思ってしまいがちですが、絶対不変なのは時間の流れではなく光の速さである、ということです。

もし今回の発表が正しければ、ニュートリノの質量が(ゼロか)マイナスでない限り、相対性理論に何らかの修正が加わる日が来るのかもしれません。
アインシュタインを尊敬する僕としては少々残念ではありますが。

from Public Domain Pictures

世界中から参加した研究者が15,000回も実験を重ねた結果だと聞き、それなら間違いないのかなと思う一方、同じ人間が同じ思考回路で何度同じ実験をしたところで、自分の間違いには気付かないかもしれない、とも思います。

また、アインシュタインが述べている通り、時間は絶対不変ではないので、遠く離れた2地点間で完璧に時刻を一致させるのは不可能に近いと思われ、どうやって時刻の正確性を高めたか等も気になるところです。


それまで常識だと思っていた事がある日突然覆る。
「天動説から地動説へ」、「ニュートンからアインシュタインへ」。
各時代の人々と同じ体験を、僕らもするのかもしれません。




相対性理論の簡単な説明については過去記事をどうぞ。