October 24, 2010

横浜「鉄板焼ダイニング知喜多」で手軽に鉄板焼を満喫!

横浜駅西口徒歩1、2分の好立地にある「鉄板焼ダイニング知喜多(ちきた)」。
美味い鉄板焼が手頃な値段で食べられるので最近良く行っています。

店内には10席ほどのカウンターが3つあります。
 僕は「牛肉の○○風ソースにシェフ特製××貝の△△を添えて」なんていう洒落た料理は好きじゃないので、知喜多のシンプルな料理がとても気に入っています。

最近は鉄板焼に限らず、コース料理を食べに行くと大抵どこのお店でもこの手の創作料理が含まれていてガッカリするのですが、知喜多では良い意味で昔ながらの鉄板焼を堪能する事が出来ます。

お勧めは「特選牛ステーキSet」です。
  • オードブル一皿
  • 季節のサラダ
  • フィレ又はサーロインステーキ180g
  • 焼野菜
  • パン又はご飯・みそ汁・お新香
  • デザート 
これら全てがセットで¥4,520.-です。都心のお店の半額以下で遜色無い美味しい肉を食べられます。ボリュームも男性でも充分です。

フィレ又はサーロインステーキを選択可能。
写真は僕のお勧めのフィレ。
オードブルは大抵いつも3種の盛り合わせ。
何かは忘れました(笑)

予約時に記念日である事を伝えると、花束、写真撮影サービスも受けられますので、手軽に満喫したい時から記念日まで幅広く使えるお店です。


鉄板焼ダイニング 知喜多
〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸1-1-2 共益横浜西口ビルB1
JR横浜駅 西口 徒歩2分 
Phone: 045-311-0185
Google Mapsへ



October 17, 2010

低周波治療器OMRONエレパレスHV-F128を購入してみた

オムロンのエレパレスHV-F128という低周波治療器を購入してみました。

低周波治療器と聞いてもピンと来ないかもしれませんが、良くTVでお笑い芸人が罰ゲームでやられている、体にビリビリ電気を流すアレの事です。
パッド(繰り返し使用可能)を患部に貼って使います

この手のものはお年寄りが使用するイメージがあったので敬遠していましたが、効果は抜群です。まるでプロにマッサージしてもらったかのようにコリがほぐれます。
うちにはマッサージチェアもありますが、個人的には低周波治療器の方が効果があると思います。

症状・部位別に選べる自動コースと、好きな揉み方だけをやってくれるコースがあり、揉み方も豊富です。

また、同じ揉み方でも強弱をつけたり刺激をワイドにしたりといった調整が可能な上、気に入った刺激を見つけた時は「繰り返しボタン」を押せば、その揉み方だけを続けてくれるのも便利です。

僕は体格の良い男性マッサージ師に全力で押してもらってちょうど良い位なので、たいていの家庭用マッサージ器具では力が弱すぎるのですが、この低周波治療器は僕でも痛い位の強さも出せます。
強さは10段階ありますので、弱いのが好きな方でももちろん大丈夫です。

一回マッサージを受けると数千円かかる事を考えると、とても安い買い物でした。




October 13, 2010

映画「史上最高の3部作」ランキング 歴代1位は?

英エンパイア誌が「史上最高の3部作33」を発表しました。

読者投票で決定したそうです。「4作以上続いているシリーズ中の3本」という作品もランクインしていますが、「物語として3部作と位置づけられるものはカウントした」そうです。

個人的には3部作では「ジェイソン・ボーン 3部作」と「スターウォーズ(Ep 4 - 6)」あたりが好きなので、1位を取れなかったのは少し残念です。

トップ33は以下の通りです。
(シリーズ作品は特に明記がなければ第1作から第3作を指します)

#1.「ロード・オブ・ザ・リング」

#2.「スター・ウォーズ」(エピソード4~6)

#3.「バック・トゥ・ザ・フューチャー」

#4.「トイ・ストーリー」

#5.「ゴッドファーザー」

#6.「ジェイソン・ボーン3部作」
  (「ボーン・アイデンティティー」ほか)
#7.「インディ・ジョーンズ」

#8.セルジオ・レオーネの「ドル箱3部作」
  (「荒野の用心棒」「夕陽のガンマン」「続・夕陽のガンマン」)
#9.「マトリックス」

#10.「死霊のはらわた」

#11.クシシュトフ・キエシロフスキーの「トリコロール3部作」

#12.「エイリアン」

#13.「パイレーツ・オブ・カリビアン」

#14.「ダイ・ハード」

#15.「スター・ウォーズ」(エピソード1~3)

#16.「スパイダーマン」

#17.「スクリーム」

#18.パク・チャヌクの「復讐3部作」
   (「復讐者に憐れみを」「オールド・ボーイ」「親切なクムジャさん」)
#19.「裸の銃(ガン)を持つ男」

#20.「X-MEN」

#21.「ターミネーター」

#22.「インファナル・アフェア」

#23.「マッドマックス」

#24.「オースティン・パワーズ」

#25.「飛べないアヒル(マイティ・ダック)」

#26.「ブレイド」

#27.「ミレニアム」

#28.ロバート・ロドリゲスの「デスペラード3部作」
   (「エル・マリアッチ」「デスペラード」「レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード」)
#29.ジョージ・A・ロメロの「ゾンビ3部作」
   (「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」「ゾンビ」「死霊のえじき」)
#30.「ミッション・インポッシブル」

#31.イングマール・ベルイマンの「神の沈黙3部作」
   (「鏡の中にある如く」「冬の光」「沈黙」)
#32.「ハンニバル・レクター3部作」
   (「羊たちの沈黙」「ハンニバル」「レッド・ドラゴン」)
#33.ケビン・スミスの「ジャージー3部作」
   (「クラークス」「モール・ラッツ」「チェイシング・エイミー」)


くしくも、どんなB級映画でも最後まで見る事にしている僕が第1作中盤でギブアップした「ロード・オブ・ザ・リング」が歴代1位という結果になりました(笑)

2作目以降が面白いのでしょうか??解せないのでそう解釈しようと思います(笑)

英エンパイア誌のサイトはこちら(英語)






October 7, 2010

面白動画「スケボー撮影中にあの人登場!?」 / Epic Skateboarding Video.. Oh Wait...

CVSの前でスケボーのジャンプシーンを撮影中に予期せぬハプニング発生。

このユーモアのセンス、僕は好きです。







"Epic Skateboarding Video.. Oh Wait..."


It should have been ordinary skatebording video.

But then the next moment...


October 1, 2010

DVD「宇宙へ。挑戦者たちの栄光と挫折」を見てみたが…

DVD、「宇宙(そら)へ。~挑戦者たちの栄光と挫折~」を見てみました。

宮迫博之が日本語ナレーションを務めた事でも話題になったこの作品は、膨大なNASAの記録フィルムをもとに宇宙へ挑んだ人々の歴史を綴った、英BBC製作のドキュメンタリーです。

NASA設立からの50年を映像で振り返る構成になっており、最高の英知を集結させてもなお繰り返される苦難の連続、それでも決してあきらめずに宇宙開発に挑む人間たちの姿に心を打たれました。

まだコンピューターが大型車ほどの大きさだった時代に、「生還確率は50:50、もしくはそれ以下。」という過酷な飛行にも耐え、繰り返し宇宙に挑んでいく飛行士たちの姿はとても印象的でした。

ただ、わずか90分の映像内でマーキュリー計画、ジェミニ計画、アポロ計画(月面
着陸)、スペースシャトル時代、ハッブル宇宙望遠鏡の設置までを振り返っているので、少し駆け足気味であることも確かです。

NASA宇宙開発の歴史全体を知りたいという方には最適ですが、宇宙開発という壮大な物語から相応の大きな感動を味わいたいという方には、「ザ・ムーン」をお勧めします。

「ザ・ムーン」は「アポロ13」で有名なロン・ハワード監督がアポロ計画(月面着陸)に焦点を絞って制作した映画ですので、一つの事だけに特化している分、より大きな感動が味わえます。

個人的には「アポロ13」→「ザ・ムーン」→「宇宙へ。」の順番で見るのが良いかと思います。

関連過去記事:
映画「ザ・ムーン」で感動! / Movie "In the Shadow of the Moon"