October 9, 2016

Kindle本の価格推移を表示する方法を調べてみた!

Kindle本は価格が良く変動するので困っています。

特に、僕が良く読む株・投資関連の本は比較的高いので、結構ダイナミックな値動きをします。
試し読み開始時は¥4,000だったのが、試し読みが終わって買おうと思ったら¥9,000になっていた、なんて事が起こります。

そこで、Kindle本の過去の価格推移を表示できるツールはないものか探してみました。

日本語で調べてみると、出てくるのはKeepaの情報ばかり。
Keepaは「全てのAmazon商品の価格推移を表示可能。ただしKindle本を除く」というツールなので、Kindle本では役に立ちません。

次に、海外のサイトも探してみたところ、Kindle本の価格推移にも対応したeReaderIQ Integratorというツールを発見したのですが、今のところAmazon.co.jpには対応していないようです。

公式サイトによると、「As of version 0.11.0, this extension supports amazon.com, amazon.co.uk, amazon.ca and smile.amazon.com.」とのこと。

eReaderIQ IntegratorのChrome Extentionを使用すると
Amazon.comではこんな感じで価格変動履歴が表示されます。
Bookmarkletによる表示も可能。

他にもThe Camelizerなども試しましたが、Amazon.co.jpのKindle本に対応しているものは結局見つかりませんでした。

今のところ、eReaderIQ Integratorが一番先行しているようなので、これがAmazon.co.jpへ対応してくれるのを待つしかなさそうです。




September 25, 2016

iQOSの抽選で3回立て続けに当選!景品は何日で届くのか?

iQOSのパックコードの抽選でポケットチャージャーケースが立て続けに3個当たりました。

最初に当たったのは、
iQOSポケットチャージャーケース
メタリックブルー
次に当たったのが、
ルビーレッド

3回目もルビーレッド。
サイトがリニューアルされたので
画面が少し違います。

当選時の説明では「お届けまでに約60日前後かかります」と今時ありえないくらい悠長な話でしたが、「当たっただけいいか」と気長に待つことに。

当選時の配送先確認ページ。
60日は長いですね。

すると、忘れかけていた頃(9月24日)、最初に当選したメタリックブルーが届きました。


本体と同じマットな質感。
作りも意外としっかりしてます。

8月14日に当選して同日中に配送先登録もしたので、41日で届いた計算です。

当選は1,2週間おきでしたので、残りのルビーレッド2個ももう少しで届くと思います。届いたらまた追記したいと思います。


-----2016年10月4日追記-----
本日ルビーレッドが届きました。
8月28日に当選しましたので、37日目に届いた計算です。

ちなみに、9月29日にはシャンパンゴールドが当たりました。

シャンパンゴールド

-----2016年10月6日追記-----
今日はホワイトパールが当たりました。

パックコードが貯まっていたので、なんとなく抽選したら当たりました。
そろそろケースはもう十分かもしれません。

ホワイトパール




 

September 2, 2016

iQOSの故障を未然に防ぐ簡単な方法

「iQOSが壊れた!」なんて話を聞く事があります。

特にポケットチャージャーの蓋にまつわるトラブルが多い(閉まらなくなった、ワンタッチで開かなくなったetc)みたいです。

蓋が閉まらないと充電できないので困りますね…

バッグやポケットに雑に入れていると壊れるのは、なにもiQOSに限った話ではないので論外ですが、それ以外のiQOS特有の原因としては、燃えカスがポケットチャージャーの蓋の可動部分などに入り込んでしまっている事が考えられます。

そういう場合に活躍するのがブロアーです。

膨らんだゴムの部分を押すと
空気が出ます。
数百円で買えます。

PCなどの機器のホコリを取り除くものですが、iQOSポケットチャージャーにももちろん使えます。

これで蓋の可動部分などに空気を吹き付け、入り込んでしまった小さな燃えカスを取り除くと、蓋の稼働がスムーズになり、壊れる可能性も減ります。

簡単な割に効果があるのでお勧めです。


ちなみに、iQOSホルダーの故障についても、きちんと手入れをしていればある程度防げます。

簡単で安く済む手入れの方法は過去記事に書いています。
iQOSの掃除は「無水エタノール + 綿棒」で安くて簡単に!



August 6, 2016

Androidでエラーが出て連絡先を同期できない場合の意外な解決法

他のサイトに書かれている解決策を試しても一向に解決しなかったので、自分で解決策を見つけました。備忘録も兼ねて書いておきたいと思います。

Androidの「設定」→「アカウント」→「Google」→(自分のアカウント名をタップ)→「連絡先を同期」をオンにしても、「現在同期で問題が発生しています。しばらくお待ちください。」などとエラーが出てしまい、連絡先を同期できない場合の対処方法です。

解決するには、「Google設定」から「端末情報」を有効にしてあげる必要があります。

「Google設定」に行き、
「個人情報とプライバシー」をタップ。

「アクティビティ管理」をタップ。

「端末情報」をタップ。

上部の「有効」をタップ。
その後、「この端末のデータ」をタップ。

タップして「この端末ではON」の表示にする。

以上で完了です。この作業をしてからAndroidの「設定」から「連絡先の同期」をやってみると、先程のエラーが出なくなっているはずです。

ちなみに、この手順はAndroid 5.0のものですが、Android 6.0でも「Google設定」がAndroidの「設定」の下層に移動しただけなので、手順は同じです。

Android 6.0の画面。
「Google設定」は「Google」と言う名前で
「設定」の中にあります。

半年近く解決できずに放置していましたが、これで解決してスッキリです。




August 1, 2016

50億円かけて、小池百合子。国民はバカという事なのか!?

どうやら東京都知事は小池百合子氏に決まったらしいです。

この再選挙にかかったお金は約50億円。

詳しく知りませんが、たかだか数千万円か数億円程度の問題で舛添さんを寄ってたかって引きずり下ろし、その代わりを選ぶのに50億円もの費用を投入。しかも、性懲りもなくまた知名度だけの都知事を選出。

これはもうギャグですね(笑)

あの時、マスコミに踊らされて「舛添はけしからん!税金の無駄遣いだ!」と言っていた人達は、50億円についてはどう考えているのでしょう…。

というか、ほとんどの人が何も考えていないからこんな事になるのでしょうね。

もちろん、不祥事の舛添さんを擁護するつもりは毛頭ないですが、マスコミが何かリークするとすぐに引きずり降ろされる日本の風潮は考え物だなと思います。

このツケを払わされる
子供たちがかわいそうですね…。

ブレグジット、ドナルド・トランプ旋風、東京都知事選。
どこの国も、何も考えずに踊らされ、搾取される人がマジョリティー。

今年は改めてその事に気づかされる出来事が多い気がします。